「一期一会」

磁石の専門会社・姫路電子TOP > 更新情報 > ブログ> 「一期一会」

「一期一会」

2020/11/16

 

こんにちは。網嶋です。

急に気温が低くなってきました。

みなさん、いかがお過ごしですか?

 

今回のタイトルは、「一期一会」です。

 

私も、83才になり、「死」というものを考えるようになりました。

6年前、私の最愛の長女「由賀里」が乳がんで亡くなりました。

47才でした。

彼女は、非常に商才があり、いつも前向きで

愚痴もほとんど言わない、明るい性格でした。

 

私の後継者にしたいと思っていましたので、本当に悲しいです。

 

人間は、死んだらどうなるのか!

一説では、肉体が死んでも魂は残っているとか、何も無くなってしまうとか。

あるいは、別の何かに生まれ変わるとか。

死んでも、亡くなった人の魂は、しばらくその人の家におり

初七日を過ぎてから、三途の川を渡っていくのだと。

又は、川を渡って行くと、彼岸には死んだ父母、子供たちがいて

皆に合えるのだとか、はたまた誰も居ないとか?

ずっと、川のそばを歩いているだけとか。

 

ざっと書いてみましたが、実際の所

誰もあちら側(あの世)に行って、帰って来た人はいないので

本当の事は、判りません。

 

しかし、どちらにしても

人はいつか死ぬ。

 

最近、新型コロナの影響で、大学時代の同級生、親しい人

そして子供たち、孫にもあまり会えなくて、寂しさが募ります。

ほんとに残りの人生を、「一期一会」の気持ちで少ない出会いを

大切にして行きたいと、思っています。

 

 

 

カテゴリー:ブログ   タグ:

PAGE TOP

Copyright© HIMEJI DENSHI CO.,LTD All Rights Reserved.