アインシュタインの相対性理論 その4

磁石の専門会社・姫路電子TOP > 更新情報 > ブログ> アインシュタインの相対性理論 その4

アインシュタインの相対性理論 その4

2020/8/18

皆さん、こんにちは

 

いつも、当ブログを閲覧頂いて、有難う御座います。

今回は、第4回目のアインシュタインの相対性理論について

書いていこうと思います。

 

アインシュタインの相対性理論の第4回は

「重い物から離れると、時間は早く流れる」です。

 

私たちは、地球という重い星の上に住んでいます。

深い海底とエベレストの頂上では、約20㎞離れているので

エベレストの頂上の方が、ほんの少し時間が早く流れるという事だそうです。

 

これは、2020年6月10日

日本経済新聞のコラム「春秋」によると

東京大学の科学者が、自ら考案した光格子時計を使用して立証した。

この時間世界で最も正確で、100億年に1秒もズレないぐらいの精度だそうです。

 

それを使って、高さ450mの東京スカイツリーの展望台では

地上階に比べて、どのように時差があるのか測定した。

それによると、1日24時間当たり10億分の1000秒

展望台の方が、時間が早く流れていた。

すなわち、「重い物から離れると、時間の方が早く流れる」の実証でした。

 

以上で第4回の話は終わりですが

興味を持って下さった方は、過去の記事にも

目を通して頂ければ、うれしいです。

 

 

 

第1回

アインシュタインの相対性理論

 

第2回

アインシュタインの相対性理論 その2

 

第3回

アインシュタインの相対性理論 その3

 

 

それでは!

 

網嶋

 

カテゴリー:ブログ   タグ: ,

PAGE TOP

Copyright© HIMEJI DENSHI CO.,LTD All Rights Reserved.