中国協力工場 開拓 ~海外出張の思い出4~

磁石の専門会社・姫路電子TOP > 更新情報 > ブログ> 中国協力工場 開拓 ~海外出張の思い出4~

中国協力工場 開拓 ~海外出張の思い出4~

2021/7/27

どうも、網嶋です。

海外出張の思い出、第4回目です。

 

 

前回記事はコチラ↓

中国マグネット製造協力工場訪問 ~海外出張の思い出3~

 

 

 

前回の話で出てきた、そのゴミゴミした工場でネオジムを加工して

少しづつ日本に参入するようになりました。

しかし、当時の製品は品質が悪く、特にネオジム製品をサビない様にする為の

ニッケルメッキの技術が悪く、すぐにサビが出たり

メッキが剥がれたりして、クレームに何回もなりました。

 

納期も遅れ遅れになり、その当時は

航空便で送るという考えがありませんでしたので

納期が遅れたら寧波の工場へ行って、旅行カバンに50㎏~60㎏の

鉄片という事で通関して、日本に持って帰っておりました。

 

その後、10年くらい経ってから、日本より加工技術・品質管理者等を

寧波に連れて行き、改良して行きました。

今では、寧波の工業団地に大きな工場を建てて

内周刃切断機約500台、その他、放電加工機などをどんどん設置して

寧波で一番大きな加工工場になっています。

メッキ工場も新しく自動ラインを入れて、メッキ不良も少なくなりました。

 

ネオジム、サマコバの製造工場については

その他、成都・上海にも協力工場として参加してもらっています。

 

最初から一番の目的であったフェライトの製造工場は

韓国のほか、台湾、中国恵州、浙江省等にも

製品加工度合いのランクに応じて、製造依頼をしています。

 

今、中国ではアメリカ・オーストラリアとの政治的問題から発した

フェライト原料の高騰により、製品価格が非常に高くなり

納期も約6ヶ月となってて困っています。

幸い、弊社はまだフェライトの製造機械を一部稼働させていますので

なんとか、お客様の要望に答えています。

 

中国との取引をやっていて一番困る事は、納期が間に合わない時

航空便を使う事で運賃が非常に高くなる事です。

製品価格の約5%が運賃に喰われてしまいます。

それから、納期が長いので3ヶ月ぐらいの在庫をする必要があり

また、少量ロットでは品物によって製造してもらえないので

100個~200個の注文でも10,000個~50,000個注文して

社内で在庫にする必要があり、多大な資金が必要となります。

 

 

最近2年間程は、コロナの影響で協力工場も訪問出来なく

メール・電話のみになっているのでコミュニケーションに困っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:ブログ   タグ:

PAGE TOP

Copyright© HIMEJI DENSHI CO.,LTD All Rights Reserved.