海外との取引きの思い出 韓国編

磁石の専門会社・姫路電子TOP > 更新情報 > ブログ> 海外との取引きの思い出 韓国編

海外との取引きの思い出 韓国編

2021/12/27

前回の続きで、今回は韓国編です。

↓前回の記事はこちら

 

海外との取引の思い出

 

 

私が韓国に行き出したのは、1975年(昭和50年)頃からです。

その当時、韓国は高度経済成長期時代で

日本からどんどん部品を輸入して製品にしては、アメリカ等に輸出していました。

姫路電子は主として、電話機・スピーカー等の磁石を韓国に輸出していました。

 

日本から韓国に行くと、昼前に韓国に到着します。

それから、会社訪問しても韓国の中小企業の社長さん達は会社におりません。

ほとんどの社長はゴルフ場に行っております。

私も空港からタクシーでゴルフ場に行って午後からゴルフに付き合って

その後、夕方に会社訪問して仕事の話をします。

それから、夕食に韓国式レストランに行って食事をします。

 

韓国の習慣としては、食事をしながらカラオケの生バンドを呼んで、踊って

いつも終わるのは夜11時頃になっていました。

その当時は韓国は戒厳令が敷かれていましたので

夜12時~朝5時まで通行禁止でしたので、皆慌てて帰っておりました。

 

私は普通、3泊4日ぐらいで出張していましたが、その内2回ぐらいは

ゴルフに付き合わせられていたので、ほんとに大変疲れました。

韓国の社長室はどこも素晴らしく立派で、約10畳くらいの大きな部屋に立派な机が置いてあり

政府の関係者(大統領)等と一緒に写した写真がいっぱい飾られてました。

 

韓国では、社長の前で部下が酒を飲む時は、社長の目の前で飲むのではなく

必ず横を向いて酒を飲んでいました。

タバコを吸う時も同じで、横を向いて吸っていました。

現在はかなり変わっていると思いますが、

飲み会をすると、必ず年長の人が支払いをします。

割り勘はありません。

 

一番関心したのは、電車など乗り物に乗ると

必ず座っている人が席を譲ってくれました。

日本では、ほとんどパソコン等を見てるふりをして

年寄が傍に立っても知らん顔をしています。

 

韓国は大学の同級生も居て、非常に楽しかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:ブログ   タグ:

PAGE TOP

Copyright© HIMEJI DENSHI CO.,LTD All Rights Reserved.