磁気ばんそうこう用フェライト磁石製造の歴史②

磁石の専門会社・姫路電子TOP > 更新情報 > ブログ> 磁気ばんそうこう用フェライト磁石製造の歴史②

磁気ばんそうこう用フェライト磁石製造の歴史②

2022/3/30

今回は、磁気ばんそうこう用フェライトの歴史①のお話の続きです。

 

↓前回の記事はコチラ

磁気ばんそうこう用 フェライト磁石の歴史 ①

 

 

 

 

前回最後に残った以下の問題について

 

①肌に黒い粉がつく

②磁石の表面がざらざらして、気持ち悪い

 

 

まず、①の肌に黒い粉が付くという問題ですが

フェライト磁石の主成分は酸化鉄(化学式:Fe2O3)で、もともと鉄のサビです。

それを他の成分と混合して、粉にした物をプレスで固めて焼結します。

最終的には、擦れるとその酸化被膜が浮いてきて黒くなります。

それで、表面の酸化被膜を研磨バレルで取ってしまうと

フェライト結晶の層になり、表面が擦れても取れなくなる事が分かりました。

 

次に②の、表面がざらざらして気持ち悪い、見た目が汚いなどの問題ですが

初めは、洗剤で洗ったり磁石をラッカースプレーなどでコーティングしたり

または、1個1個を布で擦ったりと試行錯誤していました。

もちろん、ラッカー等は体に悪いし、1個1個布で擦っていては量産になりません。

 

丁度、この姫路市白浜町はタイヤ巻のチェーンをたくさん作っていて

チェーンの表面を光らせる為に、回転バレルに皮を入れて一緒に回転させると

確かにピカピカになっているのを見ました。

これからヒントを得て、同じように皮と磁石を回転バレルに入れてみたところ

確かに、磁石の表面がピカピカになってきました。

がしかし、皮に付着している粉が磁石についてしまい

結果的にゴミが付着した磁石になってしまいました。

 

その後、色々と試行錯誤を繰り返し

今度は皮ではなく、光沢出し研磨石と洗剤を入れて何日間か回転させるてみると

希に黒光りする磁石が出来上がる事が分かりました。

そうして、その状態を再現するために約2カ月強かけて

光沢出し研磨石と洗剤、バレルの回転数と時間を色々組合せて試験すると

やっと、ピカピカに光った磁石が出来るようになりました。

 

↑回転バレル

 

 

↑バレルの中に色々入れて磁石と一緒に回します

 

他のメーカーからも、こっそりと調べにきたり、見学に来られたりしましたが

結果的には、同じようなツヤ・光沢は出ない様でした。

この光沢出しにはバレルの後、最後に水分を取る作業が必要です。

 

最後の作業ですが、これも同じ白浜地区でカマボコ板を作っているメーカーがありまして

板を作る工場で出る木くずを、磁石と一緒に振動回転させると

表面がほんとに綺麗になることが分かりました。

 

↑振動バレル

 

↑秘伝の木くず

 

この製造方法で生産したおかげで、日本の磁気ばんそうこうに使われる磁石は

ほとんど弊社製になりました。

 

 

コロナ前の時は、海外からの観光客が多数日本に来て

磁気ばんそうこうを御土産に買って帰っていたので、良く売れていました。

しかし、海外からの観光客がほとんど来ない今

現状、少なくなって来ているのが非常に残念です。

 

 

 

カテゴリー:ブログ   タグ: , ,

PAGE TOP

Copyright© HIMEJI DENSHI CO.,LTD All Rights Reserved.