磁気ばんそうこう用 フェライト磁石の歴史 ①

磁石の専門会社・姫路電子TOP > 更新情報 > ブログ> 磁気ばんそうこう用 フェライト磁石の歴史 ①

磁気ばんそうこう用 フェライト磁石の歴史 ①

2022/2/28

網嶋です

今回は、磁気ばんそうこう(磁気バン)のお話です。

 

 

 

今から約50年前、ばんそうこうに小さい鋼球を貼り付けて

肩こりや腰痛を和らげる、ばんそうこう(プラスター)が発売されました。

それに似て、鋼球の替わりに

小さい磁石を付けたら、体に良いのではないかと考える人がいて

ばんそうこうで「身体に直接つける磁石」は無いかと、ある医療器会社から相談を受けました。

 

その時、ある大手メーカーから既にサンプルが出ていたのですが

問題は、磁石を直接肌につけると…

 

①肌に黒い粉がつく

②磁石の表面がざらざらして、気持ち悪い

③磁石の角が当たって痛い         

 

などの問題があました。

 

まず③の問題については、先にφ5.0x2.5ぐらいの磁石を作りますが

どうしても磁石の密度の関係で、磁石の中心が凹んでしまい

この時の角部分が肌に触れて痛いので、はじめから凹む量だけ凸にしておいたら良いと

碁石型にすればいいと考えた所、今度は中心を脹らませすぎてしまいましたが

かえって、指圧効果があると判明して、↓画像の形状になりました。

 

↓指圧効果があると判明した形状

 

 

次に①、②の問題ですが、これは次回ブログで説明します。

 

 

 

カテゴリー:ブログ   タグ: , ,

PAGE TOP

Copyright© HIMEJI DENSHI CO.,LTD All Rights Reserved.