1月17日 阪神淡路大震災記念日に思う事

磁石の専門会社・姫路電子TOP > 更新情報 > ブログ> 1月17日 阪神淡路大震災記念日に思う事

1月17日 阪神淡路大震災記念日に思う事

2022/1/27

毎年、新年を迎えると同時に阪神淡路大震災の事を思い出します。

月日は早いもので

あの震災が起こってから、もう27年が過ぎました。

 

 

その当日は、2日程前より九州の得意先へ新年のあいさつに行き

16日に姫路へ帰って来ました。

疲れていましたが、翌日いつも通りに朝5時30分頃に起床して

少しずつ、朝の準備をしていた時です。

朝5時46分、急に「ドーン!!!」と音がして

上下の揺れの後、横揺れが始まりました。

地震が収まってから、廻りを見渡しましたが家の中は特に異常はありませんでした。

この時、姫路は震度5強との事でした。

 

まず一番に思ったのは、工場内のガス炉の天井が落ちていないかという事です。

その当時、今まで使用していた電気炉からガス炉に取り換えたばかりで

加えて、これまでの生産量を上げるため、炉の長さを1.5m長くして

炉のレンガを積み替えたところでした。

私の家から会社まで車で5分ぐらいですので、朝6時頃に

会社に行ったと思います。

幸い、炉は何の被害もなく、その他工場内の機械も

倒れたり、壊れたりしていませんでした。

ただ、一番驚いたのは

約25年間ほど工場をフル稼働していた為、磁石の原料である粉末が舞い上がり

徐々に天井に溜まっていたのが、地震でドサッと落ちて

工場の床に1~2㎝くらい積もっていました。

そして、炉の作業者もその粉末で真っ黒になっていました。

 

地震の発生から2~3日は電車が止まっていたので

社員も全員出勤とまでは出来ませんでしたが、すぐ元の状態に戻れました。

 

一番困ったのは、大阪へ出張するのも神戸地区はしばらく電車・道路が通れませんので

姫路―播但線-和田山-豊岡-京都-大阪 のルートか

姫路港から船で大阪天保山に行って、市街に入るルートで

どちらも約4時間ほど掛かりました。

 

姫路港から大阪に向かっていると、明石までは何の変化もありませんでしたが

明石より東に行くにつれて、ブルーシートが増えていく事と

潰れたビル、倒壊した家が見えてきました。

しかし、尼崎を過ぎると何の被害もないようでしたし

夜は普段通りに電気が輝いていました。

 

話しに聞くと、神戸の人は1~2カ月間、水・ガス・電気が無かった中で

一番困ったのは水が無いという事だったそうです。

トイレの水、もちろん風呂の水もなかなか手に入りませんので

一週間に一度、車で姫路まで来て、その当時のスーパー銭湯に入って

水・食料等を買って神戸まで帰っていたそうです。

 

 

しかし、人間とは凄いもので、神戸が元に戻るまでに2~3年掛かると言われていましたが

その年末ぐらいに電車も一部を除いて動くようになり、ガス・電気・水もほとんど直り

どんどん普通の状態に戻ってきておりました。

 

もう、私の生きてる間には、この地区でこのような地震は無いと思いますが

関東、東海沖など、まだまだ日本中で大型地震がある様ですので

お互いに気を付けましょう。

 

今日、この原稿を書いている日に

また九州地区で震度5強の地震があったそうです。

ほんとうに怖いですね。

 

 

網嶋

 

カテゴリー:ブログ   タグ: ,

PAGE TOP

Copyright© HIMEJI DENSHI CO.,LTD All Rights Reserved.