歴史的円安

磁石の専門会社・姫路電子TOP > 更新情報 > ブログ> 歴史的円安

歴史的円安

2023/11/30

東京からです。

 

今年も残すところ、あと一ヵ月になりました。

円安の影響か、今年は訪日の海外旅行者が本当に多く見られました。

東京のみならず、日本の有名どころ各所では多くの外国人で賑わってます。

今回のブログでは「円安」をトピックスに、色々語りたいと思います。

 

まず、タイトルの「歴史的円安」について。

2023年11月 現在の為替は

政府の円安政策のおかげで、歴史的円安だそうです。

日銀の統計データでも名目実効為替レートにおいては、1993年来です。

さらに、実質実効為替レートでは、まさに歴史的最安を更新中です。

参照:日本銀行 実効為替レート より

https://www.stat-search.boj.or.jp/ssi/mtshtml/fm09_m_1.html

 

歴史的円安による影響をざっくり

自動車メーカーは、円安により貿易黒字の恩恵が。

反対に、輸入・仕入をしている弊社は、円安により粗利が減少しています。

 

 

ここからは少し専門的な話ですが、興味のある方は是非一読下さい。

 

スマートフォンでおなじみのiPhone

個人での実感だと、(価格)高くなりましたよね?

円安の影響か、米国製のiPhoneは以前よりも端末代が高くなりました。

(※しかし、各国のiPhone価格比較だと日本が最安?)

参考サイト:https://www.m2ri.jp/release/detail.html?id=598

 

数年前までは、(※1)MNOキャリアだと本体代一括ゼロ円が当たり前でした。

しかし、販売価格がUPした事と総務省指導により、それが出来なくなりました。

最近は、MNOキャリア各社も知恵を絞り、「実質1円/月」をメインに販売しています。

まさに私も先日、実質1円/月で(※2)MNPをしてきました。

ただし、「契約から2年後にiPhoneを返却する」という条件付きですが

iPhoneの返却さえ行えば、残債が免除となります。

また、(※3)いつでもかえどきプランとの事で、他社にMNP転出をしても

iPhoneはそのまま2年間使用できます。

上記の事から、私のプランとしては

 

MNOキャリアから契約スタート

 ↓

半年後に(※4)LINEMOや楽天mobileなどにMNPをして

お得なプラン(月3GBまで利用なら利用料¥1,000)で毎月¥1,000で維持。

 ↓

2年後にまた同じ様なプランがあれば、先の2年間契約のiPhoneは返却し

またMNPを行って、新しいiPhoneを2年間レンタル…の繰り返し。

 

要約すると、2年間ごとにiPhoneのレンタルを更新するようなイメージです。

上記のプランは、私が思うに現在で最もお得にスマートフォンを運用するプランなので

通信費を下げたい!固定費を下げたい!などの考えがある方にもお勧めします。

(契約管理や手続きが少し大変ですが…)

 

(※1)MNOキャリア=大手通信会社(ドコモ,au,ソフトバンクなど)

(※2)携帯の電話番号そのままで、他社の通信サービスに乗り換える事。

   ナンバーポータビリティーの略称。乗り換える際にお得な特典が多い。

(※3)NTTドコモのスマートフォン向けサービス(23年11月現在)

(※4)MNOキャリアとは異なり、格安通信サービスを展開している通信会社で、他にも多数あり。

 

今は外国人観光客にとって、来日して何をしてもお得感満載ですが

反対に日本人がいま海外旅行をしても、貧乏旅になってしまいますよね。

それほどまでに、現在の歴史的円安は色々な影響が色濃く出ています。

 

来年からは新NISAが始まります。

日本は、今後も円安政策を継続かと思っていますので

個人個人で自己防衛していきましょう。

 

 

カテゴリー:ブログ   タグ: , ,

PAGE TOP

Copyright© HIMEJI DENSHI CO.,LTD All Rights Reserved.