灘のけんか祭り

磁石の専門会社・姫路電子TOP > 更新情報 > ブログ> 灘のけんか祭り

灘のけんか祭り

2017/10/4

どうも、網嶋です

今年も10月に入り、秋らしい気候になってきましたね。

世間では、読書の秋・食欲の秋とありますが

姫路電子の所在地である、姫路市白浜町では

これから、「お祭りの秋」に入ります。

 

毎年、10月の14日・15日は

ここ、白浜町の松原八幡神社の秋祭りである

通称「灘のけんか祭り」が取り行われます。

 

灘と呼ばれる地域は、もともと

播州西地区の海岸沿いにある村々で、漁業を生としています。

 

現在は、妻鹿・松原・中村・宇佐崎・木場・八家・東山

この7つの村が集まった地区となっています。

 

このお祭りでは、3台の神輿をぶつけ合って

壊す事から、けんか祭りの名称がついております。

 

このお祭りは、昔から10月の14日・15日開催と決まっており

平日・休日などの、曜日関係なく行われます。

 

そのため、この2日間は近隣の工場や商店などのほか

小学校、中学校もほとんどお休みになります。

 

この白熱したお祭りの一部を写真で紹介します。

このシーンは、灘のけんか祭りの醍醐味である

「練り合わせ」の場面です。

2台の神輿をぶつけ合う、練り合わせを行っている所です。

 

灘のけんか祭りも、いよいよ来週からです

 

興味のある方は、是非!

灘のけんか祭りを見に、白浜町へお越しください。

 

 

カテゴリー:ブログ   タグ: ,

PAGE TOP

Copyright© HIMEJI DENSHI CO.,LTD All Rights Reserved.