1回目のコロナワクチン接種

磁石の専門会社・姫路電子TOP > 更新情報 > ブログ> 1回目のコロナワクチン接種

1回目のコロナワクチン接種

2021/6/28

 

どうも、網嶋です。

世間では、一般のコロナワクチンの接種が始まりましたが

私もようやく、6月14日の15時半

近所のかかりつけの医院で1回目のワクチンを打つことが出来ました。

2回目は、7月5日です。

 

コロナワクチンについては、今まで接種した人の感想として

「注射時が痛かった」「腕が腫れて痛かった」「腕が上がりにくくなった」「熱が出た」

その他、体がしんどくなった、等々。

いろいろな話しを聞いてきました。

 

それに、私はペニシリンショックを持っており、ペニシリンを打つと

丁度コロナで大変なことになったという、アナフィラキーに昔2回程なり

蕁麻疹、発熱、呼吸困難が起こり、2~3時間の点滴で万

ようやく収まった経験があります。

それで、私はペニシリンと同じようにアナフィラキーになるのではないかと

心配しておりました。(10万人に1人ぐらいでアレルギーがあるとの事。)

 

しかし実際に接種を行ってみると、医院の先生から

「はい、注射しますよ」「チクッとしますよ」と言われて

緊張しましたが、いつ注射を打ったか判らないぐらい、何も感じませんでした。

その後、先生にペニシリンショックの話をしていましたので

普通は15分待機の所、30分待機しましたが、何事もありませんでしたので

ほっとしました。

 

色々話を聞いていると、若い人の副作用が多く

特に、1回目より2回目の方が

熱が出たり、蕁麻疹になるか確率が多いそうです。

 

最後に

我々日本人はワクチンワクチンと言っていますが

ワクチンというのはラテン語で

英語では「ヴォクシーン(Vaccine)」というそうです。

なので、ワクチンというと、アメリカ・イギリスでは通じないそうです。

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:ブログ   タグ: ,

PAGE TOP

Copyright© HIMEJI DENSHI CO.,LTD All Rights Reserved.