地磁気の逆転 その2

磁石の専門会社・姫路電子TOP > 更新情報 > ブログ> 地磁気の逆転 その2

地磁気の逆転 その2

2019/12/18

みなさん、こんにちは

前回は、地磁気の逆転について書きましたが

その続きとして、どうして地球が磁石になっているかを御話します。

 

(前回の記事)

地磁気の逆転

 

我々の地球の中心には、下の図のように

一番外は岩で出来た薄い皮になっています。

その内側は、鉄などの金属がドロドロに溶けた

外部マントルと云われる層があり、

その内側は内部マントルと云われる硬い層があります。

 

 

 

この、ドロドロになった上部マントルが

地球の自転・公転になって動くことにより、電流が発生し

この電流により、地球の磁場が生まれると考えられています。

(フレミングの左手の法則といいます)

この時の磁力は、約0.52ガウス(5.2mT)くらいです。

火星、月などはドロドロになったマントルがありませんので、磁場はありません。

 

 

地球は現在、N極が南極・S極が北極ですが

前回に説明した様に、地球の磁場は7~8°傾いていますし

そのうち、約50万年後くらいに逆転すると考えられています。

 

 

 

 

 

カテゴリー:ブログ   タグ: ,

PAGE TOP

Copyright© HIMEJI DENSHI CO.,LTD All Rights Reserved.